英会話教育の重要性は日々増している

日本では、英会話教育の重要性は日々増しています。その理由の1つが日本の海外進出になっています。

今は、国際社会であり、日本企業もどんどん海外進出して、英語圏内の国にも沢山の企業が進出しています。国内での翻訳会社の活躍も目覚ましいでしょう。

また、その影響もあってか、海外企業も日本に進出するなども行っています。そうなると、国際的に主流となっている英語を話せるかどうかは重要になっており、企業も採用試験の時に英会話試験を取り入れたり、英会話ができる人を積極的に採用している所も増えています。

こうなってきますと、子供の時から英会話教育は重要になっています。現に、今では小学校でも英会話の授業を取り入れたりの動きも高まっており、中学校や高校でも今までよりも英語に力を入れるようになっています。

わたしはいま高校二年生で、都内のアクティブラーニングを売りとする中高一貫校に通っています。

中学三年生のときに高校生になったらアメリカに交換留学をすると決め、実際に一年間留学をして現在はまた日本の高校に通っています。

アメリカに一年間行ったことで英語力は飛躍的に向上し、日常会話程度ならほぼ完璧に理解することができるし、時間をかければ言いたいことをつたないながらも言うことができます。

英検一級を取ることもできました。ただ、現在学校の授業に関して不満に思っていることがあり、それはレベルが低いことと、英語ができない人、できる人両方にとってにとって全くの時間の無駄であることです。

授業は全て英語で行われ、ペアワークが中心ですが、その内容が毎回変わりばえしなく、何も学ぶことがありません。

英語があまりできない生徒にとっては何も理解することがなく授業が終わるし、できる生徒にとってはなにも得るものがない授業になっています。

昨今の英語の授業でのアクティブラーニングという流行りにおいて、このままではただ英語が話せないだけではなく、文法や書くことも怪しい社会人が増えるのではないでしょうか。

多くの人が英会話ができるようになると、日本企業としても助かりますし、自身にとっても将来プラスになってきます。英会話教育は今後さらに高めて行く必要があります。